悪夢アレコレ★彡

体調が急変してからというもの、
毎日の如く、お昼寝を決め込んでるんですケド、
昼に2時間だの3時間だの惰眠を貪ってしまうと、
当然の如く、夜眠れなくなります(死)。
体調が変わって、2週間目くらいまでは、
夜眠れなくなってはイケナイと、努力根性気合で起きていたんですケド、
さらに体調が厳しくなってからは、無理をせず休むことにしました。
たとえ、無理出来る範囲の具合でも(死)。



ナカナカ寝つけない夜。決まって悪夢を見ます。

いつぞやかの日記にも書いた、天文学的数字のンディバヤ族
(※『バイオハザード5』。笑。)に追い回される夢。

澄み渡る空、どこまでも続く青い海、まぶしい砂浜、
そんな中、コレマタ、天文学的数字の、
人間の数倍の大きさはあろうかという蟻んコという名の巨大生物の群れ
(※『THE 地球防衛軍』シリーズ。笑。レッドカラーもいるでョ。笑。)と一人闘う夢。

後、ココ最近では、
どこぞやかの学校のトイレの個室に入ったところ、
コガネムシ×1→コガネムシ×1,カナブン×1
クワガタムシ×1→クワガタムシ×2→
クワガタムシ×4…
と昆虫(しかも甲虫シリーズ。笑。)がウジャウジャ増えて行っては、
龍氏の用を邪魔するという夢も。
終いには右ヒザの下んとこらへんにたかられて、
引っぺがすのに苦労しました(死)。
目が覚めたとこで、速攻おトイレへ★(死)



きのうはきのうで、昼間1時間程昼寝をしてしまったタメ、
夜はナカナカ寝つけませんでした。そして、悪夢。

きのうの夢は、今マデに見たことない種類の恐ろしさでした。
ンディバヤ族や蟻んコの群れみたいな、ビジュアル的で欧米的な怖さではなく、
一般投稿の心霊映像みたいに、
絶対ココに映っちゃイケナイでしょ!!っていう場所に、
2度見したときに映り込んじゃってるみたいな。
心理的な日本的な恐ろしさというか。

舞台は、ウチのダイニング。

何故か、部屋は真っ暗で、
ダンナ様は台所の入口寄りに立っていて、
あっしは居間の入口寄りに立っています。
ふたりで必死にダイニングの電気を点けようと、
それぞれ自分の手元に近いスイッチを何度も押すのだけれども、
一向に電気は点かず。

何度目か、ダンナ様がスイッチを押すと、一瞬、周囲が明るくなりました。
アレ?でも、電気は点いてない?
何故か、台所の窓に、点いてないハズの灯りの影が映った…その瞬間!!
うわあぁっ!!
ダンナ様が、恐怖に慄いた声を上げたのです!!

ダンナ様は平静を装いあっしの前に立ち、
あっしの肩を押して居間まで連れて行きました。
彼が台所で見たものとは!?
居間まで押され行く中、彼の肩越しに、
あっしは恐怖を堪えて、必死に台所の様子を見たのですが、特に異常はなく。

居間に入って、彼はあっしの肩を上から押えて無理矢理座らせると、
一呼吸置いて口を開きました。
「…見た?」
「見てない。」
すると、彼は自分を落ち着かせるようにこう言いました。
明日は、出来るだけ家にいない方がいい。
あっしも、彼のタダならぬ様子に、
「ウン、わかった。」と頷くしかありませんでした。



夢はココで覚めたんですケド、
結局、一体全体、彼が目にしたものとわ何だったのか!?
今マデ感じたことのない得体の知れぬ恐怖にガクガクブルブル(死)。
しかも、膀胱はパンパン(死)。

おトイレに行きたくて堪らないものの、
おトイレに行くには、先程の悪夢の舞台、
ダイニング、台所の前を通らなきゃ行けない(死)。しかも、真っ暗(即死)。
本気で、ダンナ様を叩き起こそうか思いました(笑)。

結局、意を決して、ハムちゃんを抱き抱えておトイレ突入!!
ハムちゃんにはトイレの中までおつきあい頂きました★(笑)
無事、用を足し、一息つくと、今度は、おトイレの戸を開け放ち、
寝床まで戻るのが怖い!!(死)異常に怖い!!(爆死)
ハムちゃん抱えて走りましたョ、あたしゃ(死)。数メートルの距離を(死)。

寝床に戻ると、
一人じゃ心霊映像の類を全く観ることの出来ないビビリのダンナ様が、
スヤスヤ寝息を立てておりました(死)。
しかも、鼻の通りが悪いタメ、時折口から、
ぷちんっ☆トカ、
森のクマさんの鼻チョウチンがはじけるような
メルヒェンな音がしやがる(爆死)。
このとき程、ダンナ様を憎く思ったことはありません、午前3時(死)。



今日はダンナ様の忠告通り、出来るだけウチにいないようにと、
近所のパン屋さんにお昼ゴハンを買いに出掛けました☆
ちょっとづつ食欲も戻り、ちょっとづつ元気になって来た模様☆彡

コレカラ、掃除でもすべカナ〜?台所の(死)。
ココ最近、まともに掃除してないから、台所の神様が怒ったのカモ知れん★