From 36 countries, 333 customer designers, 1029 designs.

 今日は、きのう、遂に歯医者サンに行って参りましたので、そのことをネタにブログを更新しようと思ってたんですケド、先日、応募させて頂いた公募作品の審査結果が、遂に発表されましたので、内容を変更してお届けしたいと思います。


 え〜っと、話をするときは、まず最初に結論から述べョと言いますので、結論から申し上げますと、龍氏の応募した作品は選外でした★落選DEATH★彡
 ケド、せっかく、長いこと時間を掛けて描いた思い入れある作品なので、UPします☆応募時には入れなかったサインを入れて(応募時には入れ忘れたとも言える。死。)、ブログ用ゥに多少サイズを小さくしましたので、この作品を眺めながら、ブログを読み進めて頂ければ、コレ幸いです☆彡





 ココに来て、龍氏が応募した公募の内容はと言いますと、平たく言えば、「衣服のデザイン」というものでした。
 龍氏は、今マデにも、何度か公募の類には応募したことがありまして、それらの公募は大抵、その道のプロの方達が審査を行い、大賞、優秀賞、特別賞、入選みたいに格付けされて、賞に応じて賞金なり賞品が授与されるというものでした。
 ケド、今回応募したこの公募は、審査の方法も、公募を企画しているサイトにやって来たお客様の一人一人が、自分の気に入ったデザインに投票し、そして、お客様の投票が多いデザインの中から、 そのサイトのスタッフがさらにデザインを選考するというものでした。そして、選ばれたデザインは、実際に商品化されるという。しかも、デザインを考え出した出品者に1着プレゼントするという。
 自分の考え出した2次元のデザインが、実際に3次元の衣服となって、手元に届くなんて☆この公募内容を目にしたのは、早数年前の勢いなんですケド(死)、凄く夢のある企画だな〜☆彡と思い、ずっと応募してみたいと思い続けて来たのでした。ナカナカどうして重い腰が上がんなかったケドな★(死)



 そして、前々回のブログ参照のことの投票。あのブログを書いた時点では、確かに、手持ちの10票のウチ、自分の作品のみに1票を投じただけだったんですケド(死)、その後、考えを改め、結局、他の出品者の作品にも票を投じることにしました。この調子だと自分の得票数では、入選することは難しいし、だったら、他の方の作品に微力ながらでも票を投じ、審査に参加した方がオモシロイかなと☆衆院選も近かったし、やはし、投票しないとオモシロクないでしょっちゅこんで☆彡(笑)



 そして、審査結果を待つことしばらく。先程、午前中、審査結果をサイトにて確認出来たワケです。龍氏、落選ネ★もぅ、イィ?(涙)
 審査結果を見て、ちょっとビックリしました。1,029のデザインの中から、42のデザインが選ばれ、得票数の多いデザインから順番に、サムネイル形式で発表されてたんですケド、選ばれた中で一番得票数が多かったデザインは336票獲得、一番得票数が少なかったデザインは得票数0!!投ゥ〜票ゥ〜関係ィ〜な〜いぢゅ〜ん!!(死)
 結局は、アレですョネ、やはし、スタッフの側からすれば、素人の選んだデザインよりも、如何に商品化出来るか、如何に商売が成り立つかという観点で選んだんでしょう。まあ、投票の経過を見る限り、それまで、ノーマークだった作品が、突然、300票以上獲得して、トップに躍り出たりトカ、不穏な動きも見せていたので、ある意味、公平と言えば公平な審査だったのカモ知れません。投票はあくまで、参考程度でネ★ということは、得票数3票の龍氏にも入選の可能性はあったっちゅこんか★彡もぅ、イィ?(号泣)



 それにしても、やはし、人から認められるっていうことは難しいことですネ。人間自身が、理解されたり認められることだって難しいんだから、増してや、その人が描いた絵だとか、表現の産物が、第3者から認められるなんてなおさらだョネ。
 コレに懲りずに、また何らかの形で、作品を発表して行きたいと思います。…コレでホントに、龍氏の夏も終わったな。。。