答えはずっと奥の方 心のずっと奥の方

ブログ止める×2言いつつも、ブログちょい×2更新しております、龍氏DEATH、今日和★やっぱネ〜、いざ止めるとなるとネ〜、名残惜すぃ〜んだョネ〜★彡
しかしながら、今年中にマタ節目が訪れようとしているので、その節には何らかの対応ゥを取りたいと思っております。今マデのブログを消去して再スタートを計るトカ。10年近くダラッダラ書き続けて来ちゃっている日記一本に絞るトカ。



さて。
私事なのですが、今週の月曜日、早朝。母方の祖母が亡くなりました。
おばあちゃんは、山形に住んでおり、お母さんが亡くなってからは、ナカナカ会いに行くことも出来ず、ココ数年は、時折、手紙のやりとりをする程度でした。
去年のGW、ダンナ様の強引で強烈なリーダーシップによって、ホント10年ぶりくらいの勢いで、おばあちゃんに再会することが出来ました。
会いに行くにあたって、ちょうど、時はGWで高速道路大渋〜滞ィだし、あっしの妊娠が判明したばかりだしで、行くや否や、本っ当に迷って悩んだんだけど。来年は行けないだろゥと。もゥしばらくは行けないだろゥと。GW真っ只中、事前に宿も取らずの、マサに強行軍で(笑)。
ホントひさしぶりの再会で、コッチが緊張しちゃったケド、ホント会えてよかった。



それから、おこちゃまが生まれ、出産のお祝いを戴いたり、お米や果物を送ってもらったり。コチラも、おこちゃまの写真を送ったり、お菓子を送ったり。
8月半ば。大きなメロンを2玉も送ってもらって、そのお返しにお菓子を送って。そのとき、お菓子が届きましたって言う電話が最後となりました。



年も年だし、体のアチコチにガタが出て来ていて、手術や入退院を繰り返していて。それでも、何トカ、ガンバっていたおばあちゃん。
今年の夏休みに、マタしても、ダンナ様の強引で強烈なリーダーシップによって、おこちゃまの顔を見せに山形に行っちゃう!?っていう話も出たんだけど、片道8時間近くじゃあそれも叶わず。来年には、連れて行けるカネ〜?なんて話をしていた最中でした。



きのう、お通夜で、今日、告別式のハズ。もう今頃は、小さなおばあちゃんは、もっともっと小さくなってしまった頃でしょう。
コレが最後だから、出来ることなら、直接、顔を見てお別れを言いたかったんだけど。ダンナ様も出来る限り、協力すると言ってくれたケド。やはし、おこちゃまを連れて行くことも、置いて行くことも、非現実的で、今こうしてココにいます。



距離が遠く離れているせいか、悲しいのだけれど、遠い空の下、今日もガンバっているおばあちゃんがマダそこにいるような、曖昧な悲しみです。



「手紙を書かなくなったから、本当に字を忘れちゃうよ。」
「じゃあ、いっぱい手紙を書いてもらわなきゃ!!」
そんな調子のイイやりとり。アレカラ、結局、手紙は書けず終い。もうずっと、書けず終い。
「死ぬ」っていうことは、いつでも出来ると思っていたことが、もう2度と出来なくなることなのカモ知れないなあ。
人間は、死ぬことを知りながら生きる、タダひとつの動物だって言うけれど、なんで知っていることなのに、死んでしまうことは、こんなにも悲しいんだろう。



おばあちゃんの訃報を受けた日、家族みんなでお外にゴハンを食べに出掛けて、出掛け先で衝動したペチパンツ。

宮崎あおいがぶる〜は〜つを歌うお店のお品物。きゃわいいケド、誰が履くのョ、コレ?(死)
しばらく、心が上手いこと働かなさそうです。